福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

折り込みオレンジパン

f:id:oakoak:20180301142325j:image

オレンジシートの硬さを調整しています。

この前作ったのは少し柔らかかったので、

今回はコーンスターチの量を増やして

硬めにしたところ、硬すぎました。

硬すぎても柔らかすぎても伸ばしにくいのです。

 

ぶどうパン

f:id:oakoak:20180301075127j:image

コーンパンの配合で、イーストを使って作った

ぶどうパンです。

副材料が少ないからなのか水分が少ないからなのか

ホシノのときと全然違う食感になりました。

イーストはぶわっと軽く、

ホシノはしっとりもちっと。

どちらもいいですよ。

ごま小豆パン

f:id:oakoak:20180228071435j:image

ごま入りのフランスパン生地で甘納豆を包みました。

焼き上がったパンの表面にバターを塗り

岩塩を振ると、学生の頃好きだった

「あんもっちー」という餅の味に近づきました。

もう少し頑張ってさらに近づけようと思います。

 

割合で覚える和の基本(本)

割合で覚える和の基本

和食を美味しく作ることは私の長年の課題です。

なんでも甘辛くなってしまう自己流から

抜け出したくてこの本を手に取りました。

ほとんどの料理がみりんと醤油で味付けされていて

不思議なくらいシンプルです。

(よく見たら表紙の写真もみりんと醤油!)

実際に私もいくつか作ってみたところ、

最初はいまいちな出来で、結局いろいろ足して

自己流に戻りそうになったのですが、

著者が使っているみりんに変えて作ってみたら

これが正解だったんだと思うような

上品な味になりました。

みりんで作る料理って本当に美味しいと

気づかされました。

 

3月は、パンとは全く関係ないですが

この本を教室に置いています。 

 

マスカルポーネチーズ

りんごのデザートに使ったのは

コストコマスカルポーネチーズです。

いくつかのメーカーのマスカルポーネチーズを

試した中で、私はこれが好きでした。

 

ジャムと合わせてパンにつけても美味しいし、

パンにつけなくても美味しいです。

 

2月レッスンが終了しました。

f:id:oakoak:20180224223225j:image

どれにしようかな〜の場面です。

昨日で2月のレッスンが全て終了しました。

やわらかチョコパン、いかがでしたか?

 

焼きたてのパンは触ると指の後がつくほどやわらかく、

パンを手にした生徒さんの

「きゃ〜、やわらかい〜」という悲鳴を聞くたびに

ふふふと、ひそかに心の中で喜んでいました。

ふわふわやわやわに焼けてよかったです。

 

寒い中、レッスンにお越しくださり

本当にありがとうございました。

オーツ麦とひまわりの種のパン

f:id:oakoak:20180223214326j:image

グラノーラに使われるオーツ麦の入ったパンです。

ひまわりの種を入れると、くるみを入れたときとは

少し違った優しい香ばしさが出ました。

口に入れても旨みはすぐに感じられず、

噛んでいるうちにじわじわと出てきます。