福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

お菓子

ココアサブレ

じっと見ていると、 もぞもぞと動き出しそうです。 砂粒のようなジャリジャリした食感のサブレを 目指して焼いています。

ふんわりスコーン

しっかり発酵させたら 軽いふんわり食感になりました。 これも良さそうです。

酵母スコーン

ホシノ丹沢酵母フランスパン種の穏やかな麹感が 私の作るスコーンに合う、と勝手に思っています。 焼いた翌日のしとっとした感じが好きです。

ココアちんすこう

ポルボローネを作ったのに 食べたら、ちんすこうでした。 すっかり忘れていたちんすこうの味を 一気に思い出すくらいちんすこうでした。

いちじくと紅茶のジャム

ドライフルーツで作るジャムは、 気軽にできていいです。 今回はいちじくだけで作りましたが、 オレンジピールやレーズンなどを入れても 美味しそうです。

お土産バナナケーキ

ブラウニーに引き続き、 こちらも混ぜるだけのケーキです。 バナナのじわっと優しい甘みが 後を引きます。

お土産ブラウニー

家の中で新しい撮影スポットを見つけました。 混ぜるだけの簡単ブラウニー、 なのに途中でなぜか生地がスライム化する ハプニングが起こりましたが、 大丈夫、美味しく焼けました。 実家へのお土産にしました。

スフレロールケーキ

小麦粉を加熱して作るスポンジ生地は、 もちもちぷよぷよの不思議食感です。

パンナコッタ

ずいぶん前から クリスマスは何のケーキがいいか リサーチしていたのに (バタークリームのブッシュドノエル希望とのこと) パンナコッタを出しました。

いちじくと紅茶のジャム

次回の1月〜2月中旬のレッスンでは、 ドライいちじくでいちじくと紅茶のジャムを 作る予定です。 12月のレッスンの中で、このジャムを利用して いちじくバターを作りたいとお話ししていたのですが、 レッスンの時間等の関係で ジャムを作った後、 いちじくバ…

栗のシュトーレン

次回のレッスンのシュトーレンには イタリアの栗を入れる予定ですが 渋皮煮や甘露煮でも美味しく作れます。 (この写真のものは渋皮煮入りです。) 栗とベリー、よく合います。 生地は、しっとりしたクッキーのような しっかりしたバターケーキのような食感…

ミルクアイス

半端にあまった生クリームは アイスにすると簡単に全部使い切れて すっきりです。 生クリーム、生クリームと同量の牛乳、 生クリームの1/4ほどの砂糖を鍋で煮て 凍らせてできあがり。 ジャージー牛乳みたいにミルク味が濃くて なかなか美味しいです。

モカロール

早く食べたいという気持ちが、 切り口のがたがた具合と伸びたクリームから 読み取れます。

ブラウニー

板チョコで作るブラウニーも 気軽なおやつにいいけれど、 なかなかやるなと思われたいときは、 ちょっと美味しいチョコレートを使ってみると いいですよ。 ガトーショコラと呼びたくなるような いっちょまえのチョコレートケーキが焼けます。

酵母スコーン

ほろほろタイプです。 焼いた当日は、 水分が抜けきれてない内側のやわらかさと 外側の硬さが気になるのですが 翌日になると、全体が同じしっとりとした食感に なります。 焼いた翌日に完成という、 ちょっと変わったスコーンです。

ブラウニー

ブラウニーもガトーショコラも 硬めで濃いめが好きです。 というわけで、かちっと焼きました。 よく冷やすと、バリカタです。

酵母スコーン

冷蔵庫で4日間置いたものを焼いてみました。 みっしり。 でもこの前のよりは、少し膨らみました。 次は、もうちょっとボロボロっとさせてみようと 思います。

シュトーレン

先日の酵母スコーンをかじっていたら ふと、この生地はシュトーレンにしたらいいかも? と思いついて作りました。 栗入りシュトーレン、スコーンのいとこみたいな お菓子に近い仕上がりでした。こちらもみっしり。

酵母スコーン

酵母のスコーンを研究中です。 焼きたてよりも冷凍後解凍したものの方が しっとりほろりとした食感になり 小麦と酵母の旨みがじんわり感じられて 好きな感じです。 それにしてもこれは、みっしりし過ぎです。

スコーン

沖縄のイッペコッペのスコーンが好きで、 そんな感じのを目指して焼いています。 道のりは長いです。

ロールケーキの生クリーム

オームの生クリーム48%を140gと牛乳を10g、 砂糖を10g合わせて立てたクリームを使いました。 牛乳を入れるとゆるくなりすぎるかもしれないと 少し心配でしたが10g程度なら大丈夫でした。 味も良い感じ! この方法なら48%の生クリームを薄めるために 35%の生…

羽根つきマドレーヌ

たい焼きに羽根がついていると わざわざ羽根つきにしたように 餡子や生地にも何かこだわりがあるんじゃないかと 想像できて そのたい焼きを食べてみたくなりますが、 マドレーヌの羽根つきは、それとはちょっと違います。 うっかり生地を入れすぎて羽根がで…

シンプルゼリー

水とアガーのみで作りました。 みつ豆の寒天がアガーゼリーになった感じです。 メープルシロップに少しレモン汁をたらして できあがりです。 甘いところと甘くないところのメリハリがあって おいしいです。

フロランタン

お菓子作りをするときは、 つい実験をしたくなります。 やってはいけないと言われていることを じわっとやってみたり、 よく分かってない手順を省いてみたり、 順番を変えて混ぜてみたり… だから、レッスン中に、 「〇〇すると✖️✖️になってしまいますよ〜」 …

フロランタン

上のキャラメル部分にカカオニブを混ぜましたが、 量が少なくて誰にも気がつかれませんでした。 自分もそのことを忘れて食べてました。

スフレチーズケーキ

小嶋ルミさんのレシピ(「おいしい!生地」より)で スフレチーズケーキを作りました。 ルミさん監修のボウル(小)を型代わりにすると ちょうどいいドーム型に焼けました。 (ボウルにまんべんなくスプレーオイルを振らないと写真のようにケーキの端が欠け…

バナナとパッションフルーツのジャム

乳製品によく合うジャムです。 チーズやヨーグルトにのせて食べると おいしいです。 とろんとろんのバナナがよいです。

スフレチーズケーキ

焼いた当日の味見では、チーズ味が薄く、 水っぽくも油っぽくもあり、 ざらざら感まで気になって がっくりしていたのですが、 翌日食べてみると、まぁ不思議! ちゃんとおいしいスフレチーズケーキ味に なっていました。 ほっ。

アーモンドチュイール

ひとつずつ丸く形を整えて焼いたのに 全部つながって焼きあがりました。 こういうお菓子は湿気やすいので、 海苔についている強力な乾燥剤と一緒に保管します。 乾燥剤を取られた海苔は冷凍庫へ。

バナナのジャム

バナナは生で食べてもよし、 ジャムにしてもケーキに入れて焼いても ジュースにしてもアイスにしてもよし。 ちゃんと存在感を出しつつ、 他の材料の邪魔をしない優秀フルーツです。