福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

パン

つぶあんパン(くるみ入り)

9月レッスンでは、栗あんパンを作りますが つぶあんパンもなかなかいいです。 富澤商店の「極上つぶあん」がお気に入りです。 あんぱんの焼きたては、生地がもちもちやわらかくて 回転焼みたいです。 2つくらいペロリと食べられそうです。

私のメロンパン

メロン皮を試行錯誤中です。 小麦粉を増やすとかりっとしやすいですが 小麦粉が少ない方がバターの香りがしました。 パン生地は、ふんわり、やや軽め、 歯切れよくて、ややしっとりを目指しています。

やわチョコパン

チョコレート味のパン生地が好きです。 今までのレッスンでも、 ハード系のチョコパンやチョコベーグル、 チョコレートブリオッシュを作ってきました。 今回は、たよりないくらいのやわらかチョコパンです。 中からチョコがとろり。

食パンの断面

あら熱が取れたか取れないかくらいで いつも食パンをスライスしてしまいます。 そのせいでパンの表面ががたがたです。 断面の気泡の大きさや形と生地の流れなどを じぃーっと見ます。

メロンパン

メロン皮が薄い薄皮メロンパンです。 冷蔵庫にカルピス発酵バターが 少しだけ残っているのを見つけて これでいいやとメロン皮を作ったら、 思っていた以上においしくできて衝撃でした。

ゼッポリーニの断面

気泡がたくさん入ると軽い食感になります。 揚げたては、サクッモチッで最高においしいです。 丸くできた方が見た目がいいですが、 うっかりベローンと広がってしまったものは はしっこがカリカリに揚がって それもまたいいです。

くるみパン

ヨーグルトと牛乳を入れて作ったところ、 むっちりしたくるみパンになりました。 かすかに酸味があって、 チーズをはさんで食べたい味でした。

白あんパンと栗あんパン

あんこの量とパン生地の柔らかさをいろいろ試して いるところです。 だいぶん理想に近づいてきました。 このパンには、茶色のパン生地がしっくりきます。

全粒粉まるパン

ネットで頼んでおいたあんこが家に届くのに合わせて 生地を仕込んでおいたところ、あんこが届く前に パン生地が焼いてほしそうな大きさに… 仕方なくあんこが入らないあんぱんを焼きました。 こんなこともあります。

ゼッポリーニ

ピザ生地にあおさを混ぜて揚げたパンです。 揚げたては、まわりがサクッと中はもっちもちで 手が止まらないおいしさです。 とても簡単に作れるので8月レッスンの試食にも お出ししようかなと考えています。 揚げピザで揚げ油も使うことですし。 「おいしい♪…

カンパーニュ

3回目のサワー種は、 全粒粉を混ぜたカンパーニュにしました。 断面は私がイメージするカンパーニュに近くて わくわく。 しかし、食べてみると びっくりするくらい美味しくない… これは!!塩が入ってない! そういえば、入れ忘れたような。 無理やり口に入…

マルゲリータピザ

8月レッスンは揚げピザの予定です。 持ち帰りのピザ生地は、こんな風に広げて オーブンで焼くこともできます。 簡単と思っていたピザも何度か続けて焼いているうちに いくつかこだわりたくなってくるポイントが でてきました。 でもいちばんこだわりたいの…

ライ麦パン

2回目のサワー種ライ麦パンです。 前回と同じ50%ライ麦で、 前回よりももう少しふわっと食べやすくしたいと 思って作りました。 毎回ぺちゃんこに焼けるのは置いといて まずまずの出来です。 だけど、ひとくち食べて、 う〜、最高!っていうのを作ってみた…

はちみつ食パン

はちみつ食パンは、3つ山です。 焼き上がるとこのパンの1番高いところの 高さを測ります。 11㎝を超えていると一安心です。 ただ、測り方(片目をつぶるか、つぶらないか)で 5㎜くらい変わってしまうので、いつも少し悩みます。

オレンジパン

今月レッスンの最終確認のため、焼きました。 思ったよりもうまく焼けてくれて、ほっと一安心です。 このパンは、あっさりハード系の生地と 甘いオレンジピールを優しい甘さのはちみつが うまくつないでくれている感じがします。 オレンジピールが少なめだと…

ライ麦パン

ライ麦50%のパンです。 TKスターターを使っておこしたサワー種を 入れて作りました。 今までうまく出せなかった酸味と チーズのような熟成味が出て感激です! こんなことならもっと早く使ってみればよかったです。 もう少し改良が必要ですが、なかなかいい感…

牛乳パンの生地がドロドロになったときは

今回のレッスンの牛乳パンの場合、 仕込み水の温度が低いと生地が つながらずにドロドロになってしまうことが ありました。 生地がドロドロになってしまった場合は、 粉を足すとつながります。 粉だけ足すと配合が変わってしまうので、 砂糖や塩なども粉と混…

オレンジパン

オレンジパン、気になるところがあって焼いてみたら ますます気になるところが出てきました。 もう一度焼いてみようかなと思います。 このオレンジパンに使っている粉は、 石臼挽きの南部小麦です。←石臼挽きではありませんでした(6/30追記) 以前、この粉…

抹茶クリームパン

ぱかっ。 抹茶生クリーム入り牛乳パンです。 あぁ、やっぱりおいしい!!想像通りのおいしさです! 大きいパンもあっという間に食べられてしまいます。

ペカンナッツ白あんパン

ペカンナッツを混ぜた水分たっぷりの生地で 白あんを包みました。 あんこを気前よく入れすぎたせいで 食べるとほとんどあんこでした。 おかげでとても美味しいけれど パンの感じはよく分からなくて、 なんだかなぁと思うのでした。

白あんぱん

牛乳パンの生地で白あんを包んで焼きました。 あんぱんにするとふわふわではなく どちらかというともちもちして歯切れ良く、 意外とよかったです。 あんの上の空洞は… 手できゅっと挟んで、なかったことにして食べました。 明日は、6月20日です。7月のレ…

牛乳食パン

粉量300gの生地を一斤型に入れて焼くと こんなもりもりになりました。 断面は見事なきのこ型です。 ちなみにこの生地は、 レッスンの牛乳パンの配合よりも15g牛乳が多いです。

牛乳パンの生地

レッスン前日の仕込みは粉1kgで生地をつくります。 先日、この生地がどろどろでまとまらないという 事態に…! 原因は、やっぱり温度だと思われます。 温度が高すぎるとよくないと思って気をつけて いたのですが、今回の生地では低すぎるのも よくないよう…

オレンジパンの断面

半分に切ってみると… むちむちした食感です。 石臼挽きの粉で作ってみると風味が良くなり、 好きな感じでした。 7月レッスンのハード系オレンジパンは、 こんな風です。

はちみつ食パン

最近は、フランス食パン作りを休んで はちみつ食パンを焼いています。 ヨーグルトを隠し味程度に入れて焼いてみると コクが出て、味もよくなりました。 水分を増やすと、ここの伸びがいいです。

揚げピザ

揚げピザは、パンツェロッティというそうです。 モッツァレラチーズを買いに行ったら リコッタチーズが割引になっているのを見つけて、 それもいいかもと、リコッタチーズとトマトソース、 バジルを入れた揚げピザを作りました。 具さえ飛び出さなければ、と…

オレンジパン

きつく巻いたせいか、しっかりと開いてくれました。 このパンは、むっちり詰まったハードパンです。 今回はオレンジピール入りにしてみました。 爽やかで、なかなか良い感じです。

はちみつ食パン

久しぶりに食パンを焼きました。 じんわりと甘いはちみつ食パンです。 糸引く感じの薄い生地を私はぴろぴろと呼んでいます。 水分たっぷりとはちみつのおかげで とてもしっとりとしていました。

牛乳パン

元々は、白パンを作ろうと思っていたのですが ふんわりにこだわっていたら、 焼き色がついて白パンではなくなって しまいました。 牛乳パンと名付けました。 6月はこのパンのレッスンです。

レモンパン

レモンピールを入れたプチフランスを作りました。 クープの開き方が左右のパンで違うのが 気になるところですが、 どちらもぱっくり割れたのでいいことにします。 このパンは、まわりはバリッと 中はむっちり詰まった食感です。

食パン

ホームベーカリーで焼いてみました。よく膨らんで軽い食パンが焼けました。長時間発酵させたパンに比べるとあっさりとした味わいですが、水分をたっぷり入れたせいかもちもちぴろぴろで美味しいパンでした。メーカーの方が何度も試験を繰り返してこんな風に…

パンのおくりもの

牛乳パンとカレーチャバタです。ゴールデンウイークは、友人や知人に合う機会が増えるのでパンをもらってもらおうと思いきり焼きます。たくさん焼くと気持ちがいいです。

マーマレードパン

マーマレードパンは、昔、家の近くのスーパー(トキハ)のパン屋さんに置いてあったのをイメージして作りました。イチゴジャム味もありましたが、私はこのパンに関しては断然マーマレード派でした。懐かしい思い出です。

ふわふわ牛乳パン

昨日焼いたパンを撮影してみると、しわしわで少し疲れ気味な感じがでてしまいました。強がっているわけではないのですが、このパンはとてもふわふわなパンなのです、よ。 ゴールデンウイークに突入したとたん、眠くて仕方がありません。どこにも行かずしばら…

はっさくピールのパン

はっさくピールを入れたパンです。 (手作りのはっさくピール、いただいたものです) 柑橘の爽やかな香りがふわっとして ミルク風味のパン生地によく合っています。

カレーチャバタ

チャバタはリュスティックよりもやわらかい というのが私の勝手なイメージです。 焼きたては、 中に入れたレーズンの酸っぱさが気になるのですが、 時間がたつと落ち着いて味がまとまってきます。

ふわふわマフィン

左の2個は電気オーブンで 右の3個はガスオーブンで焼いたものです。 ガスの方はオーブンの風下側がいつも裂けるので、 口が開いているみたいに見えます。 じわじわ甘いパンです。

カレーチャバタ

ホシノ天然酵母とカレーの風味がよく合います。 いつもレッスンでは、ホシノの風味が 強くなりすぎないように気をつけているのですが カレーチャバタに限っては、 この熟成風味がしっかり出ると美味しいです。 古くなった酵母は、ぜひカレーチャバタに。

大きなパン

座布団みたいに大きなパンを こんなにたくさん焼いてしまいました。 ずっしりむっちりしているので 薄くスライスして食べるのがよさそうです。

チョコチップパン

リスドォルと米粉を混ぜた生地は さっくりと歯切れがいいパンになりました。 チョコチップが入っていることもあり、 ヤマザキのチョコチップスナックを 思い出させる味と食感です。

ピーナツバターサンド

買ってきたパンのようなふわふわの食感に焼けたので、 嬉しくなってピーナツバターをはさみました。 美味しくなるはずだったのですが、 口の中の水分をパンとピーナツバターが 奪い合い、飲みこむのがとても苦しい… ピーナツバターの選び方を間違えたような…

コーンマヨネーズパン

コーンがかろうじてはりついています。 これを食べるときは、 一粒も落とさないぞという気持ちが必要です。 今月のレッスンのコロッケパンの生地で作る コーンマヨネーズパンです。 持ち帰りの生地を揚げるのはたいへんという方には、 こんな風におかずをの…

コロッケパン

まん丸に揚がるとなんとも愛らしい。 中央にとんかつソースを入れています。 中はこんな感じです。 持ち帰り生地は、カレーパンやあんドーナツ、 野菜炒めを入れてピロシキ風にするのもいいですね。

牛乳パン

水分は牛乳だけというパンです。 やわやわでふわふわで、上手にナイフを入れないと 中身をつぶしてしまいそうなパン、 というのが目標です。 そんなパンには、ふわっと立てた生クリームが 合いそうです。

くるみパン

どっさりくるみを入れたパンを焼きました。 これは、何もつけずにくるみを十分に 味わいたい感じのパンです。 食べ進めていくにつれて、くるみのこりこり感が やみつきになります。

カレーチャバタ

カレー粉入りの生地の中には、カシューナッツとレーズン、ベーコンを入れました。 リュスティックを焼くときは クープがめりめり開くことを願って 生地から目が離せないけど スリッパという意味のチャバタのときは どんな風に焼けてもいいですよと おおらか…

ベーグルのめりめり

レッスンで焼いた生徒さんのベーグルです。 ベーグルを作る人には、おそらくそれぞれに 目指すベーグル像があって、 それをイメージしながら成形していると思います。 私の中では、焼きあがったベーグルのつなぎ目が めりめりペラリとしていると少し嬉しいで…

コーンツナパン

パンにおかずをのせて焼くだけなのに、 別々に食べるよりもずっと美味しいです。 コーンとツナとマヨネーズ。 間違いない組み合わせで、安定感のある美味しさです。

くるみと黒胡椒のパン

この前食べた黒胡椒のパンが美味しくて、 私も作ってみました。 黒胡椒に当たるとぶわっといい香りがはじけます。 少しヒリヒリするのですが、それが癖になるパンです。

チョコ食パン

べとべとを通り越してとろとろの生地を 機械でこねて作りました。 途中、パンになるのかしらと不安になりましたが 焼いたらパンになっていました。 柔らかく、引きがなくて蒸しパンのような 不思議食感です。