福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

パン

ライ麦入りのパン

ほんの少し酸味があると美味しい気がして、 酸っぱいと感じない程度の酸味を つけてみました。 シンプルなパンを味わい深くつくれるように なりたいです。

シャンピニオン

ガスオーブンの強風を受けて、 エリンギ風に焼けました。 自由にのびのび大きくなった姿が笑いを誘います。

カイザーゼンメル

フォークで模様を描きました。 私のカイザーゼンメルのイメージは、 バケットよりもふわりと軽く、 皮は薄めで、ひきは強い感じです。 そして、できれば翌日もパサつかないでほしいのです。 頑張ろう、私。

シャンピニオン

きのこの形をしたフランスパンです。 傘の部分がちゃんとカリカリに焼けて嬉しいです。 そういえば、パン屋さんのシャンピニオンは まだ食べたことがありません。 自分で作ると興味がわきます。

プレッツェルバンズ

プレッツェルの形🥨ではない、 プレッツェル味のパンです。 パンのまわりの茶色いところは ベーコンのような旨味と塩味があり、 中身はむっちりとしています。

トマトのパン

トマトのパンをまた焼きました。 一次発酵の温度高めで作ってみましたが おいしくできました。 このパンの味でグリッシーニもいいだろうなと 思います。 ビールに合いそうなパンです。

トマトのパン

トマトのパン、微調整中です。 ただねじる成形が意外と難しくて なかなかうまくいかなかったのですが、 作っているうちに上達してきました。 よかったです。

しわしわぶどうパン

以前は、パンが冷めるにつれて しわが入るのが悲しかったけれど、 今は、柔らかいパンがよく膨らんだ証拠に 見えて、結構気に入っています。 ふわふわですよ、軽いですよと パンが言っているように思えるのです。

レーズン食パン

食パンの階段。 ホシノとイーストのダブル使いです。 どっちがどんな風に働いたのかは よく分からないけれど、なかなかいいです。 ホシノ天然酵母が足りないときとか 熟成が進んで発酵力が落ちたものを使うときに イーストも入れてしまうのもありだと思いま…

トマトパン

左の方が色が濃いですが 右の方が味わいがあります。 お店でトマトペーストやドライトマトを見つけると 試さずにはいられなくて、パンを作ってしまいます。

トマトパンのチーズサンド

トマトのパンにカマンベールチーズをはさみました。 雪印カマンベールチーズのちょっとだけ くせがある感じが好きです。

むっちりレーズン食パン

みっちりさせたつもりがむっちり焼けました。 もう、むっちりでもいいような気がします。 食パンの生地に流れがある感じが やっぱり好きです。

みっちり食パン

みっちり詰まったペリカンの食パンは 予約なしで買うのは難しいらしいと本で読みました。 私もおいしいみっちりタイプの食パンが焼けるように なりたくて、チャレンジしました。 しっとり、みっちり、が目標です。

トマトパン

オリーブオイルを塗って焼いたもの(右)と 塗らずに焼いたもの(左)です。 ちょっと曲がってしまったのは、 オイルとは無関係です。 味はトマトプリッツっぽくなりました。

トマトパン

夏が来ると、トマトのパンを作りたくなります。 メゾンカイザーのトッサードトマトみたいな 酸っぱいトマトのパンが目標です。 今回のは、今まで使った中では 1番トマト味が濃くできて なかなかいい方向に進んでいる気がします。 昨日の大雨、怖かったですね…

全粒粉と栗とメープルのパン

最終確認のために焼きました。 レッスンでは機械でこねますが 手ごねでも作りやすいように、 工夫しながら手でこねました。 機械ごねに比べて時間はかかりますが 手ごねでもしっかりこねることができましたよ。 ふんわり、しっとりを目指してこねましょう。

最終バケット

夜、焼きあがりました。 今月最後のバケットです。 太さは均一にならなかったけど、 軽い感じにできたので良しです。

カンパーニュ

気泡ポコポコ、まるでロデブというイメージで 作ったのですが、切ってみるとみっちり 詰まっていました。 こんなこともある、よくあるのです。

リュスティック

バケットの生地をゆるく作りすぎたこともあり、 リュスティック成形にしてみました。 クープを入れずに焼いたら、 それぞれ好きなように裂けました。

低温熟成のバケット

最近は、味わいのあるバケットを目指して 焼いています。 これは、ホシノ丹沢天然酵母3%、 ムールドピエールという粉を使って、 16〜18℃で24時間発酵させるという 低温熟成のバケットです。 なかなか好きな感じに焼けました。

バケット

今月のレッスンで皆さんにお出しするバケットを じゃんじゃん焼いています。 これは↑、赤サフのバケットです。 こちらは↑、ホシノ丹沢天然酵母のバケットです。 いつかまた、バケットのレッスンをしたいと 思っています。 うっとうしいくらい熱いレッスンに…

中種レーズン食パン

先月のレッスンであまったレーズンを 使って作りました。 中種を入れたからなのか、 そもそもの生地量が多すぎたからなのか、 大きなパンになりました。 そして、容赦なく水を入れたおかげで もちもちうるうるの仕上がりでした。

赤ワインとベリーのパン

6月レッスンの最終確認のために焼きました。 よかった。大丈夫、これでいきます。 毎回、この最終確認はドキドキします。 改善点が見つかったらどうしよう… いや、改善点があるなら見つかった方がいいけど、 どうか大きな変更をすることになりませんように …

バケット

久しぶりにバケットを焼きました。 生徒さんに石窯オーブンでの焼き方を教わり、 レシピ通りまじめに作ってみたら (と言いつつ、パンチを入れるのを忘れてしまった) 期待以上の元気な気泡でした。 また次の生地を仕込んでいます。

メープルシロップのパン

ほのかな甘みは、言われてみると メープルシロップかな?という程度ですが、 焼いているときの香りが オーブンの前で深呼吸をしたくなるくらい いい香りです。 そしてパン生地は、メープルシロップのおかげで しっとりしています。

ごま豆乳パン

豆乳を生地に入れると柔らかいパンになるような 気がします。 味はあっさりします。 入れないで作るよりも入れた方があっさりするなんて ちょっと不思議です。

微細全粒粉のパン

微細全粒粉のパンを作るのは、私の挑戦です。 私のパン作りのはじまりは、 パン屋さんで買ったパンにひとくち惚れしたのが きっかけだったり、 昔好きだった思い出のパンの再現だったり、 初めて使う材料を使いこなしてやるぞと思って挑んだり、 ということ…

赤ワインとベリーのパン

粉やドライブルーベリーの種類を変えて 微調整しています。 パン生地にアルコールを入れると 発酵が鈍くなる理由が少し前までいまいち よく分からなかったけれど、 いつも除菌用にアルコールを撒いていることを思うと そうかそうか、酵母も菌かと 分かるよう…

全粒粉のチーズパン

チーズ入りとチーズなしの全粒粉のパンです。 微粒全粒粉のおかげで、 ぼそぼそぜすにしっとり焼けました。 若いホシノ酵母よりも熟成したものの方が このパンには合うような気がしました。

赤ワインとベリーのパン

棒状に焼いたパンの縦割りの姿です。 赤ワインにつけたクランベリーとカレンツと ブルーベリー、くるみを生地に混ぜました。 焼きたての方が赤ワインがよく香りますが、 翌日の方が味がまとまっておいしいです。