福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

パン

チョコパン

どれだけ焼けば気がすむのかと自分でも呆れます。 実は、このチョコパンの後にもチョコパンを焼き、 チョコパンの写真のストックはまだあるのです。 間隔をあけてUPしようと思います。

むちむちチョコパン

今回は日を浴びたチョコパンです。 数gの水分の違いで 生地が固くなったりどろどろになったり、 ココアのせいでしょうか?不思議です。

チョコパン

どろどろの生地を焼いて作るチョコパンは、 焼いた当日はお餅みたいにモッチモチです。 でも翌日になると、お餅ではなく普通のパンに なります。

ハム卵ロール

どこもロールしてないように見えるのですが ちゃんとロールします。 作るときにロール。

りんごのパン×6

こね時間と焼き方の確認で作りました。 機械にこねてもらっているとはいえ、 さすがに1人で作るのはあわただしく、 自分の計算ミスに脅かされながらも 無事焼けました。 ほっ。

りんごとレーズンのパン

このパンの 生地に入れる卵の量を増やしてみたら、 パンの皮が卵の白身っぽい食感になりました。 目玉焼きのときの、よく焼かれた白身の、 キュッキュッとしたゴムっぽい食感です。 おもしろいです。

MKホームベーカリーで食パンを焼く

新しくホームベーカリーを手に入れたという 友人を質問ぜめにしていたら、 焼いてみる?と ホームベーカリーを貸してくれました。 生地がどんな状態でも同じ動きで作っているのに なぜなぜどうして? ふわふわのおいしい食パンが焼けました。

ハム卵ロール

少しのケチャップがいい仕事をします。 どこにどうかけたら 一番スタイリッシュに見えるか、悩んでいます。

ぬか床ドゥブレッド

最近、ぬか漬けをはじめました。 植物性乳酸菌のかたまりのぬか床は、 サワー種の代わりになるかもしれない!と 期待いっぱいで ぬか床を入れたライ麦パンを焼きました。 焼けたパンは、乳酸菌らしい優しい酸味が感じられる なかなかいい味でした。 味がサワ…

グリッシーニ

食べはじめると、じわじわおいしくなって 気がつけば3本くらい食べてしまいます。

ハム卵ロール

少し甘めのパン生地にハムと卵の組み合わせは、 安定のおいしさです。 昔からよく見ていたこの形のパンが 自分で焼けるとニンマリです。

厚焼きフォカッチャ

試食のときにお出ししているフォカッチャです。 夜こねてオーバーナイト発酵で 朝の10時頃焼いています。 最近は、21℃設定がちょうどいい感じです。

チョコレートリュスティック

水を入れすぎて山芋状の生地になり、 心配になりましたが 焼いてみたら意外とよい感じでした。 食べ始めたら止まらなくなるのは、 中に入れたチョコレートのおかげだけじゃなくて パン生地もおいしくできたからよねと 生地のところだけをむしって食べて何度…

紅茶丸パン

紅茶のいろいろを試すために シンプルな丸パンを焼きました。 しかし、なんとここにきて 私のパンの場合、紅茶が入ってない方が美味しい ということに気がついてしまいました。 なんてこった。

りんごとカスタードのパン

型に入れずに焼いてみたらパン生地が カラッとした焼き上がりになりました。 りんごとカスタード、よく合います。

バナナティブレッド

昨日のアップルティブレッドに続き バナナの方も作ってみました。 バナナは焼くと甘みと酸味、香りが増します。 これは、もはやバナナケーキです。

アップルティブレッド

りんごと紅茶のパンです。 呼び方をAfternoon tea風に変えてみました。 味もちょっと近づいてきました。

厚焼きフォカッチャ

食パンみたいにシンプルな配合で柔らかな食感ですが、 めん棒いらず、丸めてつぶすだけという 簡単な成形です。

ブルーベリーパン

眠いのになかなか発酵が進まず 小さいけど、えぇい焼いてしまえと オーブンに入れた結果、 小さめのムチムチパンになりました。 美味しさ新発見というわけにはいかず、 甘く、しょっぱい、味の濃いパンになりました。 発酵は大事です。

紅茶カスタードクリームパン

ボリュームたっぷりに焼けましたが、 カスタードを入れたはずのところに 大きな空洞ができていました。 パンにカスタードを食べられたみたいです。 それを私が食べてやりました。

チョコパン

中身がみずみずしくできました。 水分が多く、こねているときは、 べとべとで心配になるほどですが 成形する頃には、あと10g水を入れられたかもと 思えるほどしまっていました。 ココアの不思議です。

パンストック

大きなフォカッチャと桜エビのパン、 レーズンのクリームパン、紅茶のパン、 チョコレートのパンを買いました。 美味しすぎて止まらない、 お腹いっぱいになっても食べ続けたいパンでした。

りんごと紅茶のパン

アーモンドクリームと煮りんご入りです。 秋映で作った煮りんごはサクサク食感で 焼いても水分が出にくく酸味もあって、 理想の煮りんごでした。

ローズマリーの厚焼きフォカッチャ

2016年7月のレッスンで作ったフォカッチャです。 次回のレッスンのサイドメニューにするために 再び作ってみました。 自分のレシピの再現をしていると レシピを作っていた3年前の自分に会ったような 不思議な気持ちになります。

生地の膜

今回のレッスンの食パン生地の場合、 片手でも、丁寧に広げなくても、 誰が伸ばしても見えるような薄い膜を目指して こねます。

ライ麦パン入りライ麦パン

パン屋のおいしいライ麦パンを少しだけ 自分の生地に入れて焼いてみました。 焼きあがったパンは、 パン屋の味 になるはずもなく、 いつもの私のライ麦パンでした。 ヨーグルトを作るときのようにはいきません。

ローズマリーのフォカッチャ

オリーブオイルをたっぷりかけて焼くと フライドポテトみたいな旨みを感じます。 裏側は揚げられたみたいにサクサクになって 塩パンのオリーブオイルバージョンという感じです。

生クリームパン

しっとり生クリーム入りのパンです。 茶色く焼き色がついたところが香ばしくて 美味しかったです。

試食用の食パン

試食用の食パンは、分厚くスライスしています。 4枚切りと見せかけて、 実は真ん中の山と山の間あたりを 1㎝くらい私が食べています。 まだ誰にも気づかれていません。

グリッシーニ

心なしか神さまが伸び上がっているように見えます。 お味はいかがですか。