福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

パン

紅茶丸パン

紅茶のいろいろを試すために シンプルな丸パンを焼きました。 しかし、なんとここにきて 私のパンの場合、紅茶が入ってない方が美味しい ということに気がついてしまいました。 なんてこった。

りんごとカスタードのパン

型に入れずに焼いてみたらパン生地が カラッとした焼き上がりになりました。 りんごとカスタード、よく合います。

バナナティブレッド

昨日のアップルティブレッドに続き バナナの方も作ってみました。 バナナは焼くと甘みと酸味、香りが増します。 これは、もはやバナナケーキです。

アップルティブレッド

りんごと紅茶のパンです。 呼び方をAfternoon tea風に変えてみました。 味もちょっと近づいてきました。

厚焼きフォカッチャ

食パンみたいにシンプルな配合で柔らかな食感ですが、 めん棒いらず、丸めてつぶすだけという 簡単な成形です。

ブルーベリーパン

眠いのになかなか発酵が進まず 小さいけど、えぇい焼いてしまえと オーブンに入れた結果、 小さめのムチムチパンになりました。 美味しさ新発見というわけにはいかず、 甘く、しょっぱい、味の濃いパンになりました。 発酵は大事です。

紅茶カスタードクリームパン

ボリュームたっぷりに焼けましたが、 カスタードを入れたはずのところに 大きな空洞ができていました。 パンにカスタードを食べられたみたいです。 それを私が食べてやりました。

チョコパン

中身がみずみずしくできました。 水分が多く、こねているときは、 べとべとで心配になるほどですが 成形する頃には、あと10g水を入れられたかもと 思えるほどしまっていました。 ココアの不思議です。

パンストック

大きなフォカッチャと桜エビのパン、 レーズンのクリームパン、紅茶のパン、 チョコレートのパンを買いました。 美味しすぎて止まらない、 お腹いっぱいになっても食べ続けたいパンでした。

りんごと紅茶のパン

アーモンドクリームと煮りんご入りです。 秋映で作った煮りんごはサクサク食感で 焼いても水分が出にくく酸味もあって、 理想の煮りんごでした。

ローズマリーの厚焼きフォカッチャ

2016年7月のレッスンで作ったフォカッチャです。 次回のレッスンのサイドメニューにするために 再び作ってみました。 自分のレシピの再現をしていると レシピを作っていた3年前の自分に会ったような 不思議な気持ちになります。

生地の膜

今回のレッスンの食パン生地の場合、 片手でも、丁寧に広げなくても、 誰が伸ばしても見えるような薄い膜を目指して こねます。

ライ麦パン入りライ麦パン

パン屋のおいしいライ麦パンを少しだけ 自分の生地に入れて焼いてみました。 焼きあがったパンは、 パン屋の味 になるはずもなく、 いつもの私のライ麦パンでした。 ヨーグルトを作るときのようにはいきません。

ローズマリーのフォカッチャ

オリーブオイルをたっぷりかけて焼くと フライドポテトみたいな旨みを感じます。 裏側は揚げられたみたいにサクサクになって 塩パンのオリーブオイルバージョンという感じです。

生クリームパン

しっとり生クリーム入りのパンです。 茶色く焼き色がついたところが香ばしくて 美味しかったです。

試食用の食パン

試食用の食パンは、分厚くスライスしています。 4枚切りと見せかけて、 実は真ん中の山と山の間あたりを 1㎝くらい私が食べています。 まだ誰にも気づかれていません。

グリッシーニ

心なしか神さまが伸び上がっているように見えます。 お味はいかがですか。

湯種食パンがいっぱい

4斤、無事焼けました。 今回のレッスンでは、長方形の食パン型を使いますが、 正方形の食パン型でも焼けます。 蓋をして焼くともちもち感が強め、 蓋をしない場合は、軽いもちもち感になります。

湯種食パンの断面

連日、湯種パンを焼いています。 今日もまた最終確認で4斤焼く予定です。 明日のブログも湯種パンの可能性が高いです。

湯種コッペパン

焼きたてを割ってみたら、 さきイカ風でした。 よくこねると、もちもちに引きが生まれて ひきもちもちになります。

湯種コッペパン

湯種食パンの生地のコッペパンです。 1斤の4分割は、手のひらよりはみ出るサイズです。 あんバターをはさみたくなる たよりないもちもち感でした。

ライ麦パン

美味しいライ麦パンを食べると 無性に作りたくなります。 いいサワー種がなくても 美味しいライ麦パンが焼けないか 模索中です。

湯種食パン(甘口)

ミルク風味で甘みのある甘口食パンです。 次回のレッスン、湯種食パンのアレンジです。 こちらの湯種食パン(甘口)へのアレンジも レッスンでお伝えできるよう、 もう少し実験してみます。

ソフトフランス

翌日のソフトフランスは、 焼き直して、かりっとふわっとさせると 美味しいです。 でも、焼き直さないもさもさした感じも 嫌いじゃないです。

湯種食パン

湯種の湯量をどれくらいにするか、 湯種に塩を入れるか入れないか、 砂糖を入れるか入れないか、 どれくらい加熱するか、 しっかり冷やすか冷やさないか、 一晩置くか置かないか、 レシピを考えた人それぞれにそれぞれの理由が あるんだろうなと思います。 …

湯種食パン

夜、焼けました。 焼きたても美味しいですが、 焼き直して食べるのもいいです。 中身はもちもちでミミがパリパリで、 その対照的な感じが良いです。

ソフトフランス

色白で、冷めると皮がしわしわというのが 私のソフトフランスのイメージです。 ランチに一切れついてくるような あっさり薄味のソフトフランスが焼けました。

レオパードパン

ヒョウ柄のパン、レオパードパンを焼きました。 というのは、うそです。 レッスンであまったココアクッキー生地を使って ココアメロンパンを作るはずだったのに こんなことになってしまったのです。 自分の重さを支えきれなくて 冷める途中でしぼんでいきま…

短いソフトフランス

ずんぐりむっくり… 形がおもしろくなるほど、愛おしさが増します。 断面は、気泡なしのふんわりタイプで、 誰もがどこかで食べたことがあるような味です。

ソフトフランス

ニセモノのパンぽい見た目のソフトフランスです。 中がふわふわで皮が薄くて軽くてパリパリの ソフトフランスを目指しています。 なかなかいい調子です。