福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

パン

グリッシーニ

心なしか神さまが伸び上がっているように見えます。 お味はいかがですか。

湯種食パンがいっぱい

4斤、無事焼けました。 今回のレッスンでは、長方形の食パン型を使いますが、 正方形の食パン型でも焼けます。 蓋をして焼くともちもち感が強め、 蓋をしない場合は、軽いもちもち感になります。

湯種食パンの断面

連日、湯種パンを焼いています。 今日もまた最終確認で4斤焼く予定です。 明日のブログも湯種パンの可能性が高いです。

湯種コッペパン

焼きたてを割ってみたら、 さきイカ風でした。 よくこねると、もちもちに引きが生まれて ひきもちもちになります。

湯種コッペパン

湯種食パンの生地のコッペパンです。 1斤の4分割は、手のひらよりはみ出るサイズです。 あんバターをはさみたくなる たよりないもちもち感でした。

ライ麦パン

美味しいライ麦パンを食べると 無性に作りたくなります。 いいサワー種がなくても 美味しいライ麦パンが焼けないか 模索中です。

湯種食パン(甘口)

ミルク風味で甘みのある甘口食パンです。 次回のレッスン、湯種食パンのアレンジです。 こちらの湯種食パン(甘口)へのアレンジも レッスンでお伝えできるよう、 もう少し実験してみます。

ソフトフランス

翌日のソフトフランスは、 焼き直して、かりっとふわっとさせると 美味しいです。 でも、焼き直さないもさもさした感じも 嫌いじゃないです。

湯種食パン

湯種の湯量をどれくらいにするか、 湯種に塩を入れるか入れないか、 砂糖を入れるか入れないか、 どれくらい加熱するか、 しっかり冷やすか冷やさないか、 一晩置くか置かないか、 レシピを考えた人それぞれにそれぞれの理由が あるんだろうなと思います。 …

湯種食パン

夜、焼けました。 焼きたても美味しいですが、 焼き直して食べるのもいいです。 中身はもちもちでミミがパリパリで、 その対照的な感じが良いです。

ソフトフランス

色白で、冷めると皮がしわしわというのが 私のソフトフランスのイメージです。 ランチに一切れついてくるような あっさり薄味のソフトフランスが焼けました。

レオパードパン

ヒョウ柄のパン、レオパードパンを焼きました。 というのは、うそです。 レッスンであまったココアクッキー生地を使って ココアメロンパンを作るはずだったのに こんなことになってしまったのです。 自分の重さを支えきれなくて 冷める途中でしぼんでいきま…

短いソフトフランス

ずんぐりむっくり… 形がおもしろくなるほど、愛おしさが増します。 断面は、気泡なしのふんわりタイプで、 誰もがどこかで食べたことがあるような味です。

ソフトフランス

ニセモノのパンぽい見た目のソフトフランスです。 中がふわふわで皮が薄くて軽くてパリパリの ソフトフランスを目指しています。 なかなかいい調子です。

サワー種ライ麦パン

私が焼きたいライ麦パンには、 やっぱりサワー種が必要だと感じるようになってから ときどきサワー種を作ってパンを焼いています。 手に入りやすい材料で、なるべく難しくなく、 ちゃんとおいしいサワー種を完成させたいと 思っているのですが、 熱心に取り…

ロゼッタ

思ってたんとちがう… カイザーのスタンプを押してますが イタリアのパン、ロゼッタが焼きたかったのです。 ロゼッタ研究は、まだまだ始めたばかりですから。 また作ります。

ダッチブレッド

ダッチブレッドを焼いてみたら 私がずっと作りたいと思っていた ソフトフランスに近い食感に焼けました。 自分が作りたいパンのヒントが 予想してなかったところで ひょいと見つかることがあります。 とてもラッキィ!

過発酵でも意外とおいしいパンになります。

元の生地のおよそ6倍まで大きくなってしまいました。 でも、大丈夫。 こんなパン生地でも、 ちゃんとおいしく食べられるパンになります。 万が一こんな風になってしまっても 諦めずに焼いてみてください。

熟成ピザ生地

3日間冷蔵庫に入れていた生地を ピザパンにしました。 寝かせないものに比べて引きが弱く、 甘みが出ていました。面白い発見です。 このパンは、気泡の膜がおいしいので 気泡をつぶさないで作るのがコツです。

チャバタ

私の中で、チャバタは、 リュスティックよりも柔らかいというイメージです。 ネチネチ感を一瞬も感じさせないモチモチ感が 理想なのですが、う〜ん、難しい。 また頑張ります。

レッスンのバーガーバンズ

表面がパンと張った感じは、 パンらしくてとてもいいですね。 焼いた当日は、このままパクッと、 翌日は、スライスして焼くとサクサク軽くて それもまた良いです。

バーガーバンズ

甘いパンというわけではないのですが、 パティの塩気と合わさったときにじわっと感じる 甘みがいいなぁと思います。

枝豆とチーズとカレーのパン

チーズがよく焦げるタイプのものでした。 枝豆とチーズとベーコンにカレー粉をまぶしたものを ピザパンの生地で包んで焼きました。 なかなかよかったです。

マルパン

丸くないけど、丸くまるめたからマルパンです。 丸くないから名前をカタカナにして、 ぼんやりさせてみました。

チーズバーガー

パティが熱々のうちに食べたいと強く思っているため、 スピーディに作らなければと肩に力が入ります。 散らかったキッチンの片付け そっちのけでかぶりついたチーズバーガーから 早く食べてくれてありがとうと 聞こえてくるようでした。

ソフトフランス

ソフトフランスといえば、バインミー。 バインミーにしたときに 美味しく食べられるように研究中です。 中身も研究中。

バーガーバンズ

黒くてツヤツヤバンズが私の中で流行っています。 コッペパンではなく、バターロールでもなく、 あぁこれはバーガーバンズですね という 食感と味を目指しています。

黒豆とクリームチーズのパン

昨日のピザの生地で 黒豆とクリームチーズを包みました。 食べながら、黒豆を限界までたくさん包むと いいパンなるなぁと思いました。

甘いピザ

バナナとクリームチーズとブルーベリージャムを のせました。 焼けたバナナがとろんとしてよいです。

ホームベーカリーでパンを焼く

気になっていたホシノ天然酵母メニューで 焼きました。 材料を入れる順番とか水の温度とか パンの取り出し方とか こんな場合はこういう焼き上がりになりますとか ホームベーカリーのレシピに書かれている注意書きが たいへん細かく、あぁ何度も何度も試作し…