福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

レッスンの様子

レッスンのベーグル成形

ベーグルの成形は、 粘土遊びのようで 楽しいです。 自分で形をつくった生地が 焼くと膨らんで、 とてもかわいく思えます。 1時間半でできるので ぜひお家でも チャレンジしてみてください。

レッスンのベーグル

5個×4人分で、 20個のベーグルが 完成しました。 プレーン、 クランベリー、 フライドオニオン、 ごま、 はちみつオーツ、 どれがお好みでしょうか。

レッスンのベーグルサンド

カリッと焼いたパンに レタス、 レッドオニオン、 塩レモン、 トマト、 ベーコン、 チーズを はさんでいます。 おおお美味しそう!

レッスンのオレンジケーキ

ホールのケーキは スペシャルな感じがします。 こういうバターケーキは、 冷凍すると コクとしっとり感が増します。 バターケーキのレッスンのたびに いつも言っているような気がしますが、 本当にそうなのです。 ぜひお試しください。

レッスンのニューヨークベーグルとオレンジケーキ

途中、ブレーカーが落ちるという ハプニングもありつつ、 無事焼けました。 あぁ、よかった。 ニューヨークベーグルは、 1時間半くらいで完成します。 夏は発酵器いらずで スムーズに作れると思います。 ぜひお家でも作ってみてくださいね。

ニューヨークベーグルレッスン、始まりました。

ベーグルは、 パン作りを楽しめる メニューだなぁと思います。 頑張りすぎないこね、 なんだか楽しい成形、 作ってる実感が湧く茹でる工程。 発酵時間も短いので、 パンが作りたい欲が出てきたときに おすすめです。

5月〜6月中旬のレッスン、ありがとうございました。

焼きたてのファーブルトンは、 よく膨らみます。 冷めると結構しぼみますが、 これでいいです。 今週のはじめに 5月〜6月中旬のレッスンが 終了しました。 ファーブルトンは、 初めて食べるという方も多かったです。 大丈夫かな?苦手じゃないかな?と ドキ…

よもぎあんパンの仕上げ

牛乳を塗って焼きます。 卵を塗ったときよりも 軽めのつやが出ます。 それから パンの中心に穴を開けているのは、 パンと餡子の間に 大きな空洞を 作らないようにするためです。

レッスンのラッピング

ファーブルトンは、 こんな感じでラッピングしています。 バーガー袋は、 12㎝四方のものから 22㎝四方のものまであるので お菓子に応じて選べるところがいいです。

よもぎあんパン

毎回同じように見えますが、 毎回違うレッスンです。 よもぎあんパンは、 成形しているときは 大福のようで、 2次発酵後は 艶を帯びて 麩饅頭のようでもあり、 焼くと やっとパンらしくなります。

レッスンのファーブルトン

卵黄が多めなので、 ちょっとカスタードっぽい味がします。 自分でファーブルトンを作ると、 お店の味が気になり始めるという不思議。 そんなお菓子です。

レッスンの焼きたてあんパン

小さなパンは 高温に熱したオーブンで さっと焼くと いい感じです。 やわふわで、 いくつでも食べられそうです。

焼成前のよもぎあんパン

牛乳をぬっています。 何も塗らないで焼くよりも 表面がつるりと焼けるので、 この牛乳仕上げが 好きです。

レッスンのファーブルトン

焼きたては柔らかいので、 しばらく型に入れたままにしています。 焼きたてはとろり、 冷めるとプルン、 冷蔵庫で冷やすとむっちり、 食感です。

レッスンのファーブルトン

ふわっとラッピング、 可愛くできました。 バーガー袋が好きで、 温かいもののラッピングは 最近こればっかりです。 ちょっと話は変わりますが、 プライベートレッスンについて 補足があります。 プライベートレッスンは、 9月のみです。 10月からは、 通常…

レッスンのよもぎあんパン

ぷりっとして美味しそうです。 よもぎの香りもいいです。 教室で8個焼いて、 持ち帰り生地もあんパンにすると 合計で16個もできます。 でも、大丈夫。 食べ心地が軽いので 誰がそんなに食べたのかなと思うほど あっという間になくなります。

レッスンが始まりました。

よもぎあんパンと ファーブルトンのレッスンが 始まりました。 写真はファーブルトンです。 いい感じに焼けて ほっとひと安心です。 ファーブルトン、 私の中ではカヌレの従姉妹的存在です。 中国語ではありませんよ。

カンパーニュのレッスン、終了しました。

先週末、 チョコレートカンパーニュのレッスンが 終了しました。 こねない、パンチもしないパンは レッスンでは はじめてでした。 一回の生地量が少ないので、 ちょした混ぜ加減で パンの食感が変わります。 その不安定さも まるごと楽しみながら 作ってもら…

レッスンの生地、2次発酵後

生地をさらしにのせ、 それをパニムールに入れて 発酵をとっています。 発酵かごとしても 焼き型としても使えるパニムール、 気に入っています。

レッスンのカンパーニュとシューケット

いつもと少し違うアングルで、 いつものカンパーニュとシューケットを 撮りました。 今回のレッスンでは、 動画で成形やクープ入れを確認して 作業してもらうようにしています。 ICTの波がついにここまで!!

レッスンのおやつ、チョコシュー

シューケットに チョコレートカスタードを入れて お出ししています。 チョコレートの質を上げるほど 美味しくなるというのは、 チョコカスタードにも 通ずるセオリーでした。

レッスンのカンパーニュのクープ

クープがぺらり、 カッコよく開きました。 レッスンでは、 クープがめくれるように 隠し包丁を入れています。 その作業が、 魚か何かをさばいているようで ちょっと楽しいです。

レッスンの焼成前のシューケット

シューの上に シュガーをのせてものせても ぽろぽろ落下していくので、 こんなことやってられないよ! という気分になってきます。 そうならないようにするには、 丁寧にやらないというのが ポイントです。

レッスンのカンパーニュ、タルトストーン+熱湯焼き

カンパーニュは、 リクエストに応じて タルトストーン+熱湯焼きをしています。 お家でチャレンジしてみたい方のために と思って披露しているのですが、 熱湯はバチバチ飛び跳ねるし、 タルトストーンは ジュージュー大きな音を立てるし、 こんな危険なこと…

レッスンのモニョっと食感カンパーニュ

チョコレートのカンパーニュは、 独特のモニョっとした食感です。 モニョっとする理由は、 「乳酸菌がつくり出す乳酸の影響で 生地のpHが下がり、 グルテンがゆるんでしなやかになったから」 というのが 本を読んでの私の回答ですが、 合っているだろうか。…

レッスンのシューケット

しぼり、完了です。 シューケット、意外と簡単にできます。 サクサク食感が シューケットのいいところなので、 よーく焼くことが大事です。

レッスンのシューケット

パニムールに入れて お持ち帰りです。 このパニムールは、 持ち帰り生地の発酵かごとしても 利用できます。 一石二鳥!

レッスンが始まりました。

チョコレートとマロンのカンパーニュ、 シューケットのレッスンが 始まりました。 カンパーニュの生地がとろとろで ドキドキでしたが、 皆さん生地をうまく転がして かっこいいカンパーニュになりました。 今回のレッスンは、 比較的作業量が少なめなので た…

レッスンのツオップ

ツオップの四つ編みは YouTubeで編み方を確認して、 布で練習をして、 本番にのぞみます。 みなさん上手に編めました。 よさそうです。 ところで、 私の口癖は「よさそう」 なのだそうです。 生徒さんに言ってるかな?と 聞いてみたら、 生地をこねるときも …

レッスンのツオップ

写真に撮りたくなる 編みパンです。 かっこいい仕上がりを 皆さんが喜んでくれるので、 少し手間をかけた成形も いいなぁと思いました。