福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

今までのレッスンの様子

レッスンの生地作り

こんな風に生地を薄く伸ばしてたたむという方法で 生地を作っています。 一見、難しそうに見えますが、 案外するすると伸びてくれます。

もちもちフォカッチャのレッスンが始まりました。

美味しそうに焼き上がりました。 粗めの気泡ができました。 サンドイッチにもおすすめです。

はちみつロールケーキのレッスンが終了しました。

先日、はちみつロールケーキのレッスンが 終了しました。 メレンゲの合わせでは、 毎回皆さんを緊張させてしまいました。 ついでに私も緊張していました。 がんばった甲斐あって、 美味しそうなケーキができましたね。 メロンパンも この機会に紹介できてよ…

レッスンのはちみつロールケーキ

美味しそうなロールケーキが焼けました。 このケーキは、卵6個を使います。 毎週、10パックほど購入していたら、 コープで私はすっかり「卵の人」として 認識されていました。

メロンパンの成形

メロン皮は手で伸ばします。 今回のレッスンをスタートした9月はじめは、 手早く伸ばさないと クッキー生地がゆるくなって たいへんでしたが 気温が下がって(最高気温が10℃違う!!) ずいぶん作りやすくなりました。

焼く前のメロンパン

二次発酵を終えると、 焼く前なのに焼いたみたいに大きいです。 そして、焼くともっと膨らみます。 メロンパンひとつ食べても 全然お腹にたまらないのは もともとがとても小さいからなのでした。

レッスンのロールケーキとメロンパン

端は切り落として 半分に切ってお待ち帰りです。 美味しそう! こちらはメロンパンです。 小窓付きの薄い紙袋に入れてお待ち帰りです。

レッスンのメロンパン

メロンパン、焼きあがりました。 室温が25℃前後の今の時期は、 メロンパンがとても作りやすいです。 1次発酵も2次発酵も室温で ゆっくりとってみてください。 形良く、ふわふわ食感に焼けますよ。

レッスンのロールケーキづくり

力を抜いて、すうっとならしましょう。 ときどき息をしましょう。

レッスンのメロンパン

パン生地は、しっとり軽め、 クッキー生地は、カリカリ薄めです。 とてもメロンパンらしい味がします。

レッスンのロールケーキ、カットしました。

半分に切ってお持ち帰りです。 生地がふっくら焼けていますね。 断面も素敵です。

レッスンのロールケーキ

美味しそう! そっと手のひらで 包みこみたくなります。 はちみつ入りの生地は、 カステラやマルボーロを 思わせるような風味です。

レッスンのメロンパン

発酵バターのおかげで サブレのようないい香りがします。 メロン皮は薄めのカリカリタイプ、 中はふんわり軽めで、しっとり感もあります。 メロンパンらしいメロンパンです。

はちみつロールのレッスンが始まりました。

ふわんふわん、上手にできました。 生クリームは、生地にも少し入れて、 200mlのパックを1本使い切れるようになっています。 8人分取れる大きさです。 冷凍もできるので、 食べたい時にゆっくり楽しむのもいいですよ。

マラサダのレッスンが終了しました。

レッスンにお越しくださった皆さま、 本当にありがとうございました。 久しぶりにお会いする方、初めてお会いする方、 皆さんとたくさん笑いあえて、 心がほっとしました。 お会いできてとても嬉しかったです。 新型コロナウイルスのことや それにまつわるい…

揚げる

油に入れるとぷっくり膨らんで やっぱりかわいいです。 あぁ、おいしそう。

こね

最近は、砂糖を最後に入れる方法でこねています。 水分が多い生地を手ごねするのがたいへんで、 苦しまぎれに思いついた方法ですが なかなか良いのではと思っています。 こねあげた生地に砂糖を混ぜると、 生地から水が湧いてくるかのように 生地が緩みます。…

焼成前の抹茶ケーキ

焼く前から美味しそうな色と香りです。 自分好みに濃さを調整できるのは 手作りのよさですね。

マラサダ

発酵で大きくなった生地を 油に入れるとさらに膨らみます。 愛おしくてたまらなくなる瞬間です。

マラサダのレッスンが始まりました。

サイドメニューは、卵サラダ、 キャベツとひよこ豆のスープです。 揚げたてのマラサダは、やわらかくて軽くて 吸い込むように食べれます。

もちもちチョコパンのレッスンが終了しました。

昨日は最後のもちもちチョコパンのレッスンでした。 このパンは、 「お家でも教室と同じように焼けました」と 言っていただくことが多かったです。 喜んでいただけてよかったです。 レッスンにお越しくださった皆さま、 本当にありがとうございました。 今回…

レッスンのもちもちチョコパンと酵母スコーン

もちもちチョコパンは、 冷めてチョコが固まった頃も美味しいです。 酵母スコーンは、 翌日になるとしっとり感と酵母の旨みがUPします。 焼いて時間が経った頃の パンとスコーンもお楽しみに。

スコーンのラッピング

筑紫もち風の見た目に 妙にテンションが上がります。

レッスンの酵母スコーン

今回目指したスコーンの特徴は、 どっしり、しっとり、ほろほろ。 好みに合うと嬉しいです。

レッスンのもちもちチョコパン

もちもちチョコパンの食感が餅にならないように 気をつけて作りましょう。

レッスンの酵母スコーン

レッスンでは、私が前日に作っておいた生地を カットしてもらって焼いています。 レッスン中に作った生地は、 お持ち帰りしていただいて 翌日か翌々日にお家で焼いていただきます。

もちもちチョコパンのレッスンが始まりました。

サイドメニューは、 焼き芋で作ったさつまいものポタージュと 蒸し野菜です。 今回のレッスンは、作業量が多くありません。 ゆっくりしたレッスンです。

レッスンの焼く前の生地

花巻のようにも見えます。 焼く前から美味しそうです。 編んでる風の成形です。

レッスンのジャム作り

ジャムの濃度はお好みでよいので、 いつ火を切ってもよいのです。 と言いつつ、レッスンでは、 用意した200mlの瓶におさまってほしいので、 ジャムの量がちょうどよい具合になるように 水分を飛ばしてもらっています。

レッスンのいちじくと紅茶のジャム

ジャムは瓶に入れた途端、いっちょ前感がでます。 素敵!お店で売れそう!な感じです。