福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

お菓子

カステラ風スポンジケーキ

水分を多めに、はちみつも入れて、 下にはざらめを敷いて、 カステラ風のスポンジケーキです。 ざらめがカステラ感を出してくれています。

バナナシフォンケーキ

焼けば焼くほど焼きたくなるケーキです。 あと5g卵白を増やしてみようかなとか、 3g粉を減らしてみようかなとか、 いろいろ試してみたくなります。 シフォンケーキ型のお申し込みは今日までです。 型が必要な方はご連絡ください。

ほうじ茶と黒糖のシフォンケーキ

食べ始めよりも飲みこむ直前のほうが ほうじ茶の香りがします。 黒糖の風味がなんだか懐かしい感じで 黒糖蒸しパンを思い出しました。 ラップで包まれた大きな蒸しパン、 まだ売っているのかな。

バナナシフォンケーキ

バナナはケーキをおいしくしてくれます。 つぶして混ぜてシフォンにしても、 バターケーキにしても、 タルトにごろっと入れて焼いても、 焼かずにそのままチョコムースに入れても、 ほどよく主張して それぞれの生地にうまく合わせてくれるところが えらい!…

バナナシフォンケーキ

今度は、バナナシフォン。 シフォンケーキは、その軽さのせいか、 食べても食べた感じがしなくて、 食べた感じがするまで食べ続けていると 残りのケーキがだいぶん小さくなっていて 軽く驚きます。

ココアシフォンケーキ

自分でシフォンケーキを焼いたら お店のシフォンケーキが気になり始めました。 自分で焼いたこのシフォンは 重いような軽いような、 引きが強いようなそうでもないような… 比べるものがないとよく分からないのです。

チョコレートパウンドケーキ

冬でもときどき、 パウンドケーキが作りやすい絶好の室温に なるときがあります。 (私の中では、23〜24℃です) まさにこの日は、そんな日で ちょうどプレゼント用のケーキを焼こうと 思っていたところだったので 迷わずパウンドケーキに決めました。 ビター…

黒糖くるみパンとサブレの予習

レッスン直前の確認のために焼きました。 ここにきて大きな欠点が見つかると大変なので 直前の確認は、いつも冷や冷やします。 大きな変更もなく、このままレッスンできそうです。 ひと安心。

サブレ

サブレが表紙の本の前で 自分が作ったサブレを撮影。 これでも上手にできたものをお皿にのせたのですが、 こうしてみると、この表紙のサブレが いかに形よく焼き上がっているかが分かります。 まんまるにするって難しいですね。

ジャックのサブレ

自分でサブレを焼くと、 お店の味が気になってきます。 サブレ研究のためジャックのサブレを買いました。 このサブレのジャリジャリした食感が好きです。 最後までジャリジャリ楽しみたいので、 サブレを飲み込むまでお茶は飲みません。

サワーチェリーのクラフティ

クラフティは、 カスタードプリンのようなものです。 パイ生地のタルトに流して焼きました。 サワーチェリーの他にもいちごやりんご、 いちじくやバナナなどでも美味しくできますよ。

チョコレートタルト

2017年がはじまりました。 今年もどうぞよろしくお願いします。 大晦日は、おせちではなくタルトを作りました。 1月のレッスンで使用する練り込みパイで タルト生地を焼き、 チョコレート生地を入れてさらに焼きました。 上にはつやつやチョコソースを…

サブレ

口の中でしっとりほろほろほどけていくような サブレも美味しいけれど ガリガリのサブレも大好きです。 これは、ガリガリタイプのサブレです。 中に空洞があってガリガリのボリボリ、 甘くてミルキーなサブレです。

カラメルリーフパイ

高温で焼くとパイの表面のグラニュー糖が溶けて 飴状に固まります。 カリッパリッとしていて ここがわりと好きです。 湿気さえ気をつければ いつまでもサクサクのリーフパイは お茶のおともにぴったりです。

はらはらのリーフパイ

リーフパイが以前よりもパイの層が薄くて はらはらに焼けました。食感も軽いです。 理由はおそらく、 「寒くなったから」だと思います。 改めて、パイ生地はバターを溶かさないように 作るのが大事なんだなぁと実感しました。

サワーチェリーのクラフティ

夜に焼きあがりました。 パイ生地のタルトの中にカスタードを流して サワーチェリーを入れて焼きました。 カスタードにちょっと酸っぱいフルーツを 合わせるのが好きです。

うずまきパイ

ちょっと厚くなってしまったうずまきパイです。 先日から、パイを焼き続けているため うちにはパイが山ほどあります。 しかたないので、パンにのせて食べています。

シナモンパイ

パイ生地をタルト型に敷いて焼きました。 中にはシナモンシュガーと バターをちぎったものを入れました。 パイをどんな形にするか迷っています。

パルミエ

ハートの形のシュガーパイです。 焼く前は、ほっそりしているのですが 焼くとハートの形になります。 ちゃんとパイの層ができると とても嬉しいです。

シナモンパイ

パートブリゼと言われる練りこみパイ生地で シナモンシュガーをたっぷり巻き込んで焼きました。 でも成形のせいなのか、見た目が和風。 または中華風? シナモンパイというより ねじり棒とかよりよりとか言いたくなってしまいます。

かぼちゃプリンの蒸し方

レッスンのレシピにも 厚手の鍋で蒸す方法を載せていますが 下記の方法でも蒸せますので紹介します。 ①鍋に水を入れて蓋をして火にかけ、沸騰させます ②火を切り鍋にプリンを入れて蓋をして10分待ちます ③そのまま弱火で1分加熱します ④火を切り10分待ちます…

カラメル作り

砂糖を醤油色まで焦がします。 落ち着くとこんな風です。 かぼちゃプリンには しっかり濃いめのカラメルを合わせるのが好きなので、 こげこげになって使えなくなるかもしれないという スリルを感じながらぎりぎりまで焦がしています。

チョコオムレット

先日、ブログに載せたオムレットが好評だったので 今度はココア生地のチョコオムレットを作りました。 オムレットは、いちごやバナナ、 オレンジやグレープフルーツなどをはさんだり、 クリームをチョコレート、抹茶、 チーズやカスタード入りなどに変えたり…

オムレット

軽いスポンジ生地を丸く焼き、 チョコレートを混ぜた生クリームを はさみました。 ショートケーキを作るのは覚悟がいりますが これだとお手軽に作れて、 味はショートケーキに近いのです。

マンゴーゼリーを浮かべます。

9月レッスンの杏仁豆腐には、 マンゴーゼリーをのせて レモンシロップをかけることにしました。 レモンシロップと一緒に食べる杏仁豆腐は 少し懐かしい味わいです。

かぼちゃプリン

もさもさ感がたまらない、かぼちゃプリンです。 冷凍のかぼちゃペーストを使えば、 裏ごしの手間もかからず かぼちゃの味にも左右されることなく 安定したかぼちゃプリンが作れるので助かります。

ミルクゼリー+コーヒー

ミルクゼリーのコーヒーがけです。 コーヒーゼリーの逆バージョン。 苦いコーヒーを少しだけかけるのがポイントです。 苦甘い感じがなかなかよかったです。

ティラミス

これもお盆にみんなに食べてもらおうと作った ティラミスです。 ティラミスのスポンジはコーヒーでびしゃびしゃが 好みの量です。 大きな型でどーんと作って スプーンでお皿につぎ分けるカフェ風に。 ゼラチンを入れてなかったので つぎ分けるのがなかなか難…

ホワイトチョコのチーズケーキ

お盆にみんなに食べてもらおうと ケーキを焼きました。 ハンドブレンダーを使って作った簡単なケーキです。 粉もふるわず、卵もとかず、 クリームチーズとサワークリームの上に ぽんぽんのせてガーッとブレンダーをかけるだけで こき器でこしたようななめら…

杏仁豆腐

暑い日には、つるりとのど越しのいいデザートが 食べたくなります。 アガーを控えめした杏仁豆腐は、 飲めるくらいゆるゆるで 食べたのを忘れてしまうくらい 軽い食べごごちです。