福岡市南区 パン教室 oak

福岡市南区の自宅で「パン教室オーク」を開いています。

パン作りの疑問に答える パン「こつ」の科学(本)

パン作りについて学べる本はないですか?と、 ときどき お尋ねされることがあり、 こちらを購入してみました。 この本は、 材料についての記述が 科学的でおもしろく 勉強になります。 聞きなれないカタカナの名前や 数値のことなどが書かれていると 最初は…

誰も教えてくれなかった プロに近づくためのパンの教科書 発酵編

誰も教えてくれなかった プロに近づくためのパンの教科書 発酵編 作者:堀田誠 河出書房新社 Amazon 以前もブログで紹介したことがある本ですが、 最近読み返して やっぱり勉強になるなぁと 実感しています。 勉強しようと思って本を開いても 自分の知らない…

粉と水だけの自家製酵母で作る はじめてのサワードゥブレッド(本)

ルヴァン種(サワードゥ)の起こし方を 詳しく説明してくれている本です。 最後の方のQ&Aも興味深いです。 教室に置いています。 よかったらご覧ください。 今日からレッスンが始まります。 どうぞよろしくお願いします。

ライクライクキッチンの旅する味(本)

小堀紀代美さんのレシピ本が好きです。 素材の組み合わせや 下ごしらえの仕方、 ちょっと添えるソースにも こだわりが詰まっていて どれもこれも試したくなってきます。 基本的に私は、レシピ本を読むと わくわくしてくるのですが、 小堀さんの本はそのわく…

BREAD―パンを愛する人の製パン技術理論と本格レシピ(本)

辞典のような分厚い本は、 手に入れただけで 何でもできるような気分になります。 パン教室を始めた頃に 一気に賢くなりたい一心で この本を買いましたが ほとんど見ていませでした。 それを最近になってよく読んでいます。 それぞれの工程がなぜ必要なのか …

天然酵母 歴史とパンづくりへの応用(本)

ときどき本棚から引っ張り出してきて 読んでいます。 小学生の教科書みたいに文字が大きくて 読みやすいのに、 内容は専門的というギャップがいいです。 私は中古で買ったので、 元持ち主の鉛筆書きのメモがあって、 それもなかなか興味深いです。

パネットーネとパンドーロ(本)

ついに買ってしまいました。 リエヴィト・マードレという種を使って作る パネットーネの本です。 長い長い工程を見ていると、 パネットーネが高価なのが 分かるような気がしました。 リエヴィト・マードレ、 まずは名前を覚えることから はじめます。

自家製酵母で作る毎日食べたいパンとおやつ(本)

今月、教室に置いている本です。 レシピの注意書きやつけ加えの吹き出しに 著者のあんこさんの経験や考え方が 細かく書かれていて、 とても興味深いです。 すみずみまで読みたくなる本です。 自家製酵母は、 人によって考え方や作り方が 微妙に違うところが …

パンづくりのメカニズムとアルゴリズム

こんな難しい本を、めっちゃ面白い! なんて言えたらかっこいいなと思います。 とても勉強になる、 パン作りの辞書として持っていたい本です。 そんな本の中で、 私が声を出して笑ったのは、 「昭和30年代、 ふっくらとした真っ白なパンの身を 食べるとあた…

人と暮らしと、台所〜夏(本)

待ってました。 人と暮らしと、台所〜夏! 春と夏があるということは、 いつか秋と冬もあるのかなと期待が膨らみます。 本の中で紹介されている 建築家の阿部勤さんの自宅は、 映画の舞台にもなったとのこと。 近いうちに映画も見よう! うっふっふ。楽しみ…

濃プリン

小学生の頃に買ってもらった 「お菓子基本大百科」の プリンのレシピは、 卵多めで濃厚な味わいです。 大事にしていたけれど、 ぼろぼろです。

ウー・ウェンの100gで作る北京小麦粉料理(本)

私の1番好きな食べ物は小麦粉かもしれない。 心踊る内容でした。 水餃子とジャージャン麺と肉まんにメロメロです。

誰も教えてくれなかったプロに近づくためのパンの教科書(本)

食べくらべるレッスンに関連して 今月はこの本を教室に置いています。 発酵温度と味の関係について 書かれた箇所があって興味深いです。 読んでいて酵素と酵母で こんがらがってきたら、 酵素は唾液などの消化液をイメージし、 酵母はカビルンルンをイメージ…

& Premium特別編集 私の料理教室ノート。(本)

料理家 渡辺有子さんの人気連載が 一冊にまとめられたものです。 1月から12月までを2年間分、合計24回分の 旬の食材を使ったお料理はどれも美味しそうで、 見ているとだんだん作っているような気持ちに なってきます。 毎月、その月の料理に挑戦すれば、 1年…

予約の取れない料理教室ライクライクキッチン「おいしい!」の作り方(本)

料理がしたくなるレシピ本っていいですね。 「形がなくなるくらいまでしっかりと炒めて」とか 「ボウルのふちに油を流し入れて」とか、 自分が今までやってなかったコツが書いてあって、 それをやると美味しくなりそうな予感がして、 作ってみたくてたまらな…

メゾンカイザー木村周一郎のパン(本)

ルヴァンリキッドに興味があって Amazonでこの本を買いましたが、 肝心のルヴァンリキッドの作り方について 書かれていたのは、半ページ分でした… ルヴァン作りは、きっと、 そのときのルヴァンの状況に応じて 適切な処置ができるかどうかが重要で、 「作り…

季節をとじ込める果物とお菓子のレッスン(本)

果物を美味しく加工する方法が たくさん載っています。 シロップ漬け、コンフィ、セミドライ、ジャム、 ケーキなど、どれも美しくておいしそうです。 そして意外と文字がびっしり、 専門書みたいなところも魅力的です。 今月は、この本を教室に置いています。

pain stock 長時間発酵のパンづくり(本)

図鑑を手に入れた子どもの気持ちです。 はぁ、楽しい。 読んでいると、 わくわく感を伴ったやる気が湧いてきます。

うまいパンは語る(本)

たまき亭の玉木さんの本です。 玉木さんのパン作りを惜しみなく見せてくれる感じが とっても嬉しいです。 おいしいパンの秘密が知れて、 ちょっと賢くなったような気持ちになります。

りんごのお菓子(本)

りんごパンつながりで、 この本を教室に置いています。 表紙は、りんごの赤ワインコンポート、 かわいすぎます。

サルボ恭子のスープ(本)

スープストックなしで作るスープのレシピです。 やさしい旨みのしみじみ美味しいスープに 憧れます。 今回は、この本を教室に置いています。

セントルザベーカリーの食パンとサンドイッチ(本)

甘いミルク風味の美味しい湯種食パンの レシピが紹介されている本です。 売り切れてなかなか手に入らない時期も あったそうですが、 今は大丈夫、Amazonで買えます。 この本のレシピで 初めて湯種食パンを作ったという方も たくさんいらっしゃるのでは? 私…

忘れられないパン(本)

たま木亭の食パンをいただいて食べたことがあります。 はじめての食感と味わいで、 その食パンの秘密が知りたくて この本を購入しました。 そんな私に「忘れられないパン」という題名が ぴったり。 今回は、この本を教室に置いています。

丁寧に暮らしている暇はないけれど。(本)

私の家事スイッチを心地よくONに 切り替えてくれる本です。 「このままじゃだめだ〜!やらねば!」 ではなく、 「私も家事を楽しみたい」 という気持ちにさせてくれます。 そうそう、同じく家事スイッチをONにしてくれる 番組を最近見つけました。 「365日の…

「365日」の考えるパン(本)

自分の求める食感や味にするために材料や工程、 でき上がりの形まで計算するという話が とても興味深くおもしろかったです。 自分が目指しているものを作るために もっと自由に考えていいよと 言ってもらえたような気持ちになりました。 私もがんばろう。 こ…

サラダ好きのシェフが考えたサラダ好きのための131のサラダ(本)

レッスンのサイドメニューに サラダを出すことが多いので 何かヒントをもらおうと手に取った本です。 本当にたくさんのサラダが載っていて とっても美味しそうです。 読んだ後は、サラダなら任せて!みたいな 気持ちになります。

趣味どきっ!人と暮らしと、台所(本)

物がたくさん出ているのに 散らかっているようには見えず、 清潔で使いやすそうな台所… 憧れます。 今月は、この本を教室に置いています。 「趣味どきっ!」は、Eテレで放送が始まっています。

サイラーのパン(本)

今月のレッスンは、 オーストリアやドイツの代表的なパン プレッツェルパンということで、 この本を教室に置いています。 改めて読み返してみると 「プレッツェル」とは腕のことだそうです。 なるほど🥨腕組みしているように見えてきます。

イル・プルーのパウンドケーキおいしさ変幻自在(本)

今月は、バターケーキを作るので この本を紹介します。 レシピが素晴らしいのはもちろんですが、 ケーキの断面がたくさん載っているところが 私のツボです。 みっちり詰まった感じやほろっと崩れそうな感じ、 シロップがじわっと染み出てきそうなしっとり感…

小嶋ルミの決定版ケーキ・レッスン

今月のレッスンは、シュークリームということで、 小嶋ルミさんの本を紹介します。 シュークリームのレシピは、いろいろありますが、 作り方や注意点は大きく変わらないので、 上手く焼けるようになったらいろいろなレシピを試して 自分好みのシュークリーム…